Q.太陽の構造はどうやって調べたの?

A.20世紀になってから登場した「日震学」という学問から予測した。

 

太陽の構造

太陽の中心にはエネルギーが生まれている「中心核」があり、エネルギーを太陽の外側に運ぶ「放射層」や「対流層」があることが分かっています。
人が訪れることはできないのに、どうしてここまで内部構造が分かっているのでしょうか。

 

日震学

実は私たちの地球の内部構造は、地震が伝わっていく速度(すなわち振動)をつかって調べることができます。
太陽の振動を研究することで内部構造を調べるのが、日震学という分野です。

 

ある研究者たちによると、太陽の表面が5分の周期で振動していることが分かりました。
この振動のデータを集めて解析することで、内部構造を推測することができたそうです。

ですが太陽に人間が訪れることはできないため、これらはあくまでも推測です。

 

参考

・眠れなくなるほど面白い宇宙の話

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です