うしかい座の神話紹介。巨神アトラスと狩人アルカス

手を振りかざし、猟犬を連れて熊を追い立てるようにも見えているうしかい座。
まるで飼っている牛を守ろうと、熊を追い払っているようにも見えます。

この星座になった人物には、色々な説があります。
有名な順にご紹介します。

 

ギリシャ神話

天を支えた巨人アトラス

巨神たちがゼウス軍との戦いに敗北したことで、巨神アトラスは天の世界が落ちないように支えるという罰を与えられました。
大きな山の頂上で、永遠に天を支えることになります。

それから長い時が経ち、勇者ヘラクレスが命じられた12の大冒険の一つ「金の林檎を手に入れる」を成し遂げようとしていました。
ヘラクレスは巨神プロメテウスに尋ねると、弟のアトラスが知っていると答えたためヘラクレスはアトラスの元へと向かいます。

アトラスは金の林檎がヘスペリデスの園にあると答えますが、そこは人間のヘラクレスが入ることができない場所。
アトラスは自分が代わりに金の林檎を獲ってくるから、代わりに天を支えておいてくれとヘラクレスにお願いします。

ヘラクレスはアトラスの代わりに天を支えて待っていると、アトラスは金の林檎を持って戻ってきました。
しかしアトラスは「自分が代わりに金の林檎を届けにいってやろう」と答えます。数年ぶりに自由の身となったため、天はこのままヘラクレスに支えてもらおうという算段です。

「このままでは12の大冒険どころではなくなってしまう」
ヘラクレスはこの状況を打破するため、知恵を振り絞りました。

するとヘラクレスは「分かりました、私がこのまま天を支え続けましょう。しかしあなたのように何年も天を支えられるか少し不安です。一番楽なかつぎかたを教えていただけませんか」とアトラスに尋ねます。

アトラスは「こういう風にかつぐのだ」と、金の林檎を脇に置いてヘラクレスの代わりに天を支えます。
その瞬間、ヘラクレスは金の林檎を奪ってとっさに逃げてしまいました。

数年ぶりに自由の身となるはずだったアトラスの考えは、失敗に終わるのでした。

 

狩人アルカス

うしかい座は巨神アトラスの他に、狩人アルカスの姿ともいわれています。

アルカスは月の女神アルテミスに仕えていた妖精カリストの息子でした。
カリストはゼウスと恋に落ちアルカスを生んだため、ゼウスの正妻ヘラの呪いによりおおぐまの姿に変えられてしまいます。

おおぐまとなったカリストは森の中で暮らしますが、アルカスは人間社会で育ち立派な狩人へと成長します。

あるとき、いつも通り狩りに出たアルカスは、おおぐまになったカリストと森の中で数年ぶりに再会します。
久々の息子との再会に抱きつこうとしたカリストでしたが、おおぐまの姿であったため襲いかかっているようにしか見えません。

アルカスはこれを退治しようとしますが、それを天から見守っていたゼウスが二人を天に上げて星座にしました。

 

参考

・ギリシャ神話(山室静)
中田敦彦のYouTube大学【ギリシャ神話⑤】〜英雄ヘラクレス編〜

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です